ヴァーレントゥーガ

Windows用ヴァーレントゥーガ

フリーとは思えない大作ファンタジー戦略/戦闘シミュレーションゲーム

混乱する架空世界の統一を目指す戦略/戦闘シミュレーションゲーム

指揮官としてプレイするか、戦闘員のひとりとしてプレイするか、2種類のプレイーモードから選び、戦闘が進んでゆく。
大軍がぶつかり合い、迫力のある戦闘シーン。登場キャラクターの繰り広げる物語が特徴的。




完全な説明を見ます

賛成票

  • フリーゲームとは思えない深さとやり込み感
  • プレイのあとはシナリオ制作でさらに楽しめる

反対票

    混乱する架空世界の統一を目指す戦略/戦闘シミュレーションゲーム

    指揮官としてプレイするか、戦闘員のひとりとしてプレイするか、2種類のプレイーモードから選び、戦闘が進んでゆく。
    大軍がぶつかり合い、迫力のある戦闘シーン。登場キャラクターの繰り広げる物語が特徴的。




    2種類のプレイモード

    勢力のリーダーとして、全体を指揮する[勢力プレイ]と、戦闘員の一人として戦いに参加する[人材プレイ]の2種類のプレイモード。

    [勢力プレイ]では、部下となる人材の雇用、その育成と管理から戦闘戦略。更に他勢力との同盟など、外交面もカバーするというもの。ゲームをよく理解し、全体像を把握する必要がある。[人材プレイ]は、登場人物の一人として、士官に仕え戦闘に加わり、戦果をあげ、昇格してゆき、徐々に自分の力をあげ、自分のユニットを持ち、その人材雇用から他勢力への任意の侵略と権限が広がっていき、いずれ士官を離れ、独立した勢力として、新勢力を旗揚げすることが出来る。

    始めから全体の指揮を受け持つのは、難しいと思われるため、ゲームに慣れ、全体を理解するには、まず[人材プレイ]を推薦する。

    ゲームのシナリオは7つの基本シナリオと、追加シナリオからなる。
    シナリオと難易度を選んだら、プレイモードを選び、人材を決めてゆく。

    選べる人材は人間、悪魔、エルフなど、豊富な種族から、それぞれのスキルやクラスを確認して選択できる。
    なお、特定の勢力に所属している人材もあれば、どこにも所属せずに放浪しているようなキャラクターがあるのが面白い。
    選択したキャラクターは、特定のライバルや勢力が出現し、戦闘になったり、ストーリーやイベントが発生することも。

    ゲームの見どころ

    本ゲームの見どころはやはり戦闘シーン。戦闘に突入すると、見下ろし方の大陸マップへと画面が切り替わり、数十、数百のユニットが戦闘を繰り広げる様子がパノラマで見られる。

    この戦闘で以外に重要なのが、駆け引き。人材育成や戦略だけではなく、外交における駆け引きなども重要なカギとなる。

    そして、このゲームの価値がさらにあがらのが、独自の追加シナリオを作成していけるところだ。
    一通りのシナリオをプレイし、2種類のプレイモードもプレイしきってしまったら、今度は自分でシナリオを作っていってはどうだろうか?

    現在では、その派生バージョンとして、独立して人気を評しているものがあるくらいに追加シナリオ政策におけるシステムは完成度が高い。
    プレイでの経験を活かし、ヒットシナリオを考えてみよう。

    隅から隅まで楽しめるゲーム

    プレイしきったあとは、シナリオ制作まで、とても無料ゲームとは思えない奥深さ。
    戦闘の一員としての経験値を上げ、上部まで登り切ったら、指揮官として。
    そして、最終的にはシナリオ政策まで、隅から隅まで楽しめる充実したゲームになっている。

    ヴァーレントゥーガ

    ダウンロード

    ヴァーレントゥーガ 7.00

    ユーザーレビュー

    スポンサー×